お知らせ
 
 
お知らせ

23年度産米の田植えが無事終了しました

5月連休時期から開始した23年度産米の「田植え」も、6月2日に無事終了しました。

東日本大震災に伴う福島原発の放射能漏れ事故以来、政府の情報発信の不備から様々な風評被害を生み、農作物への不信が広がって来ています。

しかし私たち生産農家が委縮してしまい、米を作らなくなってはダメとの強い思いを再認識して、今年の作付けも例年以上に頑張りました。

今年のトピックスとしましては、
1) 11.5町歩の作付面積を、今年一挙に14.5町歩に拡大。
2) 有機JASほ場が2年目に突入。
3) 自然農法のほ場も2年目を迎えた。
4) 有機JASや新規増大ほ場を除き、原則として全ほ場の特別栽培化を完了。
5) 新規導入の有機肥料の実験。
などが挙げられます。

生育の進捗状況につきましては、今後随時発信させて頂きたいと思います。

本年度産米につきましても、お客様の「おいしいの一言のために」全力で取組みたいと思いますので、尚一層のご支援をお願いいたします。