生産者訪問記
 

【田んぼネットワーク生産者訪問記】山形長井市 さわのはな倶楽部

山形長井の篤農家、遠藤孝太郎を代表とするさわのはな倶楽部は長井にて古くから農業を代々営む生産者。
親子二人三脚での農業は技と工夫の連続。合鴨除草や紙マルチなど積極的に取り入れ、自ら試験圃場を作り、常にお米の生育を観察しながら仕上げる。
つや姫の特徴である良食味性を引き出すために農薬、化学肥料の使用量を抑え、栽培を行っている。

根張りの良いつや姫

「田植えも終わり、中干しも終わり」というこの時期に山形長井のさわのはな倶楽部を訪問。
根張りの良いつや姫が美しい稲姿で出迎えてくれました。

天候不順でやや遅れ気味の発育状況。
ただ、今のところ大きな問題ではありませんので、今年も良いつや姫が育ちそうです。

ここから10月の収穫まで、力強く育ちますように。

今から収穫が楽しみです。