お知らせ
 
 
メディア

日経流通新聞

日経流通新聞12月22日(水曜日)号に、伊勢丹新宿本店にて発売した、越後ファームの「自然農法米」と「今摺り米」が紹介されました。

農薬・肥料一切不使用、手植え・手刈り、天日乾燥、千歯こき脱穀など、農技の限りを尽くした「自然農法」による「奥阿賀日照り畑産」の米と、また、あえて籾のまま低温保管し、百貨店からの受注後に「籾摺り・農産物検査・精米」を一挙に行う「今摺り米」とが紹介されました。

農技を尽くした米だけに、白米後の品質劣化を防ぐ、「窒素充填した使い切り2合パック」の優れた機能性や、今や嗜好品化しつつある百貨店の米売場で、商品特性をお客様に一目でご理解いただく機能を有するラベルのデザイン性などを紹介。米業界にはびこる「産地ブランド」から脱却し、「生産者」の技量を問う「生産者ブランド」によるビジネスモデルを構築しようとする越後ファームの企業戦略が掲載されました。

各商品の特徴は商品ページをご参照下さい。

110106_1222